株取引に関わる景気と金利

  • Posted on 12月 28, 2010 at 18:52

米国でも2003年後半から景気の回復基調に入って来ています。実質経済成長力で2002年=1.9%成長、2003年=2.7%成長を成し遂げた米国は2004年には4.2%成長を実現、2005年も多少揺り戻しがみられたものの、3.5%の巡航速度を維持しています。

もちろん企業収益も向上してきていますし、2006年に入って多少沈静化してきたとは言うものの、米国の不動産価格の上昇も続いています。

こうした景気の回復は着実に金利を引き上げる効果をもたらします。これは金利が変動する要素のうち最も重要なことなので、ここでその結論だけを記しておくと「景気上昇」→「企業などの資金需要増大」→「金利上昇」となるからです。

株取引の方法を解説しているサイト

歩合外務員は証券営業のベテランが多く、転勤もなく、自分の顧客と長くつき合うことになります。

顧客に親切に接し、顧客を大切にすることにより、顧客の数も収入も増えることになります。これを顧客、つまり投資家から見れば、相性のいい営業マンと長くつき合え、信頼関係も築きやすいということになります。

歩合外務員も社員外務員も証券会社の社員としての立場は同じです。雇用形態が異なるだけですから、投資家側からみれば同じ証券の営業マンということになります。

歩合外務員になるためには、証券営業を7年以上経験していることが必要で、歩合外務員はベテラン営業マンということもできます。

Comments are closed.