離婚 原因の内容によっては離婚調停 親権を取れないこともある

  • Posted on 11月 29, 2012 at 20:36

離婚 原因の内容によっては、離婚調停 親権を取れないこともあるので、日ごろの素行に注意しましょう。

子供の生活や財産管理については、親権者でない者は干渉できないことになっています。

しかしいっぽう、親権者にならなくても、子供の財産の相続権や扶養義務はありますので、勘違いのないように子供を見守りましょう。

離婚 原因が散財や不貞など、あまりにも親としてひどい場合は母親と言えど、離婚調停 親権を取れない場合があります。

監護者とは、実際に引き取って子供を育てる者のことで、監護に必要な範囲内で親権者の権限をも行ないます。多くの場合、親権者が兼ねますが、別に立てることも可能です。

Comments are closed.