口臭対策にも有利な歯のホワイトニングの長所

  • Posted on 2月 8, 2011 at 03:53

ホワイトニングの長所は歯を削らないことですが、短所としては自分の思いどおりの真っ白な色になるわけではなく、また、時間がたつとともに徐々に元の色に戻ってしまうということです。

患者さんの希望する色が、かなり白い色をイメージしているのに、歯科医のほうが、ホワイトニングのデメリットを十分に説明せずに、両者のあいだでトラブルになることが近年多いと聞きます。

患者さんの希望する色が、実際の自分の歯の色よりもかなり白い場合には、歯を削ってセラミックによる治療になってしまいます。セラミックの治療方法には、大きく分けて二つ方法があります。

一つは、歯を削る量をできるだけ少なくするラミネートベニア法と、もう一つは普通のさし歯のように歯のまわりを一周削って被せる二つの方法です。

鏡で舌苔が付着しているかどうか、またどの場所に付着しているのかを確認・観察しながら行ってください。

そうすることで、舌苔の取り残しが少なくなり、口臭が軽減されます。

舌にヒリヒリ感を感じたときは、いったん舌清掃を中止する・・・

舌のヒリヒリ感は、舌清掃のやりすぎのサインです。そのような状態になったときは、ヒリヒリ感が落ち着くまで、舌清掃は中止してください。

Comments are closed.