アメリカ疾病管理予防センターによる肥満者の割合

  • Posted on 2月 15, 2011 at 21:15

アメリカ疾病管理予防センターにより、肥満者の割合が、アメリカのおもな23の都市圈別に調べられました。それによると、肥満者の割合がもっとも高い都市はルイジアナ州ニューオーリンズであり、37.55%が肥満であると報告されました。

ニューオーリンズが一位になった理由として、職場でのキングサイズのケーキを食べる習慣、雨が多いことで出不精になる、といったことがあげられています。2位は33.94%が肥満者のヴァージニア州ノーフォークで、3位は32.96%のテキサス州サンアントニオ。

31.50%で5位になったオハイオ州クリーヴランドでは、伝統料理が高脂肪であることが原因とされました。また、27.46%で15位のダーフス・フォートワースは、テキサス・ステーキを食べる頻度とその大きさが指摘されました。

ニューヨーク市は27.05%で18位。アメリカ疾病管理予防センターのあげた理由は、ニューヨーク市における外食産業の繁盛ぶりです。そして、レストランで出される食事の量がとても多いことです。一方、肥満者の割合の少ない大都市圈は、コロラド州デンヴァーの22.10%、ミネソタ州ミネアポリスの22.63%でした。

運動をして発汗することによって、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルが失われます。

そこで、食事やサプリメントによってこれらを補給しなければ効率よく体脂肪が消費しません。

おまけにミネラルのうちカルシウムは、ビタミンD(骨の代謝などに関係している)で吸収が向上する、鉄はビタミンCで吸収が向上する、というビタミンとの相互の関連性も持っています。

Comments are closed.