生理以外の出血「不正出血」と子宮内膜症などによる生理痛

  • Posted on 3月 27, 2014 at 21:58

医学的には、生理以外の出血はすべて「不正出血」と呼んでいます。

本来なら、生理のとき以外には出血しないことが多いからです。不正出血には、ホルモンの変動によるものと、子宮内膜症などの病気によるものとがあります。前者はとくに治療の必要はありませんが、病気の場合は放っておいてはいけません。

不正出血の原因が何なのかは、病院できちんと検査をしなければわからないものです。ですから不正出血がある場合は、すぐに婦人科に行くようにしてください。また、生理の出血のように見えても、実はそうではなかったという場合もあります。

また、生理の出血のように見えても、実はそうではなかったという場合もあります。

改訂版・14日間集中!子宮内膜症改善プログラム – 値引き!割引!最安値.com

ただしその場合は、ふだんの生理の出血とはようすが違うものです。いつも生理痛があるのに痛みがないとか、経血の色がいつもより黒っぽい、量が少ない、いつもは四~五日で終わるのに七日も八日も出血が続いているなど、ふだんと違うことがあったら、やはり婦人科を受診してください。

中間期出血など、ホルモンの変動によるもの・・

排卵のときにはいろいろなホルモン、とくにエストロゲンの変動が激しくなって、出血がおこることもあります。これがいわゆる「中間期出血」、または「排卵期出血」と呼ばれるものです。一~二日の間、少量の出血があります。

これは健康な女性でも五パーセントぐらいに見られるといわれていて、とくに心配なものではありません。

子宮内膜症などで「生理の前後に痛みと出血する」という人もいます。いつ生理がはじまったかわからない、あるいはいつ終わったかわからない、というようなものです。

これもホルモンの変動によるものが多いようです。

Comments are closed.