ダイエットが難しい肥満遺伝

  • Posted on 12月 28, 2010 at 18:36

個人の遺伝情報が規定しているのは、その人が肥満になるかどうか、というよりは、その人の体重や体脂肪量です。

実際、太っている人がダイエットをしても思うように体重は減らないし、逆に、痩せている人が太ることもむずかしいです。

人間の遺伝子は、体重が規定された値になるように、食欲やエネルギー消費量を調節しています。遺伝情報による体重調節のメカニズムが解明されれば、われわれの体重を自由に設定できるようになるかもしれないのです。

では、どのような遺伝子が、人間の体重や食欲をコントロールしているのでしょうか。また、肥満の問題で、環境のおよぼす影響はどのように評価されるのでしょうか。肥満遺伝子を発見したロックフェラー大学の研究グループに注目です。

医学の中でもっともホットな分野である肥満研究の最前線から目が放せません。

Comments are closed.