You are currently browsing the 犬のしつけと暮らし category
Displaying 1 - 4 of 4 entries.

トイプードル 育て方で連合学習には以下のふたつが関係

  • Posted on 3月 14, 2012 at 23:51

トイプードル 育て方で連合学習には以下のふたつが関係します。
・意識的思考一専門用語では道具的条件づけと呼ばれます。
・不随意反射行動一古典的条件づけと呼ばれます。

トイプードル 育て方で道具的条件づけとは、犬が学習する際の主な方法で、トイプードル犬の行動によってもたらされた結果が、その犬の今後の行動を規定するという意味です。

別な言い方をすれば、トイプードル犬は基本的に「トライ・アンド・エラー」で学ぶということです。

つまり、トイプードル 育て方では、犬にくり返し体験させることによって、その行動を楽しいとか不愉快と感じ、楽しければ犬はこの行動は繰り返す価値があると考えます。

犬のしつけ評判口コミ感想批判比較「遠藤和博・森田誠・藤井聡・堀川春広」を参考にしてみるのも良いです。

チワワ飼い方で人間との接触についての注意点

  • Posted on 1月 9, 2012 at 16:08

チワワ飼い方で、人間との接触についての注意点です。

子供たちには、チワワ犬の体や糞に触った場合には、食事の前に必ず手洗いをするように教えておかなければなりません。

子供たちがチワワ犬の排泄場所近くで遊ぶときには、特に注意が必要です。

チワワ飼い方では、人間と同じベッド、あるいは同じ寝室で眠る飼い犬の場合は徹底的に清潔にし、外部寄生虫も内部寄生虫もいない状態にしておかなければなりません。

チワワ犬の飼育所や預かり所もすみずみまで清潔にたもち、糞便をそのままにしておかないようにします。

飼い主の免疫力が落ちているときには、人畜共通感染を避けるために、特に注意を払わなければなりません。獣医師と自分の主治医に感染予防の方法を相談するとよいでしょう。

 

犬しつけではトイレの成功・失敗は飼い主しだい

  • Posted on 1月 5, 2012 at 17:44

犬しつけでは、サークル主流の生活をしばらく(約二か月)続け、遊んでいる時、犬が排泄のために自発的にサークルに行く行動が見えてから、サークルの一面を完全に外してみます。

ベッドも取り除き、サークル内全てをトイレ・スペースにしてしまいます。排泄したくなるとトイレに行くようになります。

そのうち残り三面も取り除き、トイレシーツだけにしても、犬はトイレという感覚がありますので抵抗なく排泄します。汚れた紙はすぐに片づけ、いつも清潔にしておきましょう。

犬しつけにおいて、トイレの成功、失敗は飼い主しだいです。

サークルの場所を変えるようなことは、けっしてしてはいけません。せっかく犬が覚えた場所を、飼い主の勝手な都合で移動しては犬が迷ってしまいます。

人間にとっては何でもないことでも犬は応用がききませんから、習慣性で覚えていくということを忘れないようにしましょう。

 

吠える犬のしつけでは屋外犬舎を近くに設置

  • Posted on 12月 8, 2011 at 15:39

犬舎内は、寝る空白とトイレ・空白を作ります。

トイレ・空白で排泄したら、なるべく早く清潔にしてあげましょう。

すなわち、寝る空白の床は木材にし、トイレ・空白はコンクリートにし、排水をきちんと考慮して施工しましょう。

周りは雨等が吹き込まないようにして、寒さや暑さに対応できるよう工夫して作ってあげましょう。

吠える犬のしつけでは屋外犬舎は、できる限り飼い主の住んでいる近くに設置してあげましょう。

汚したままにしておくと、排泄している空白がなくなってくると、寝る場所にまでしてしまう事があります。

離れた場所では寂しさがつのって、犬が吠えるようになってしまいます。