You are currently browsing the 目の美容健康と視力回復 category
Displaying 1 - 3 of 3 entries.

二重まぶた 自力で作れる方法の口コミは色々あります

  • Posted on 3月 9, 2012 at 02:16

二重まぶた 自力で作れる方法の口コミは色々あります。眼精疲労の治療法を模索していた半年間、私は具体的な治療法について述べた文献はないものかと調べてみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

そのため、試行錯誤しながらたどり着いたのが三本柱による総合治療法ですが、それが最上で動かしがたいものとは考えていません。二重まぶた 口コミもチェックしておきたいです。

二重まぶた 自力で作れる方法では患者さんの声にならないうめきや悲鳴をいち早く間きとって改善を加えていきたいと考え
ています。そのためのアンケートなのです。

遺伝で目が悪いのはなおらないか・・そんなことはありません。

視力回復法・眼精疲労の症状と視覚障害とは

  • Posted on 8月 13, 2011 at 16:57

たんなる「疲れ眼」や軽度の眼精疲労なら、ゆっくり休み、一晩ぐっすり眠れば治ります。これは誰しも経験していることです。

ただ、そのときも、「眼がラクになった」という認識ではなく、「(体全体の)元気が回復できた」と考えるのがせいぜいで、原因が眼にあるとは思ってもみません。
〈視力障害〉
〈眼痛〉
〈肩こり〉
この三つのうち、どれか一つでも症状が出たら眼精疲労を疑ってみてください。

視力障害とは、近くを見ていて急に遠くを見ようとしたとき、ぼんやりしてよく見えなかったりかすんでしまう症状です。

眼神経は、長時間にわたって近点調節(近くを見るための眼球の調節)をすることで、眼位を内側に寄せる、水晶体の厚みを増す、瞳孔を縮小する、など種々の作業をおこなうため緊張を強いられ疲れています。

そのとき視線を遠方に転じると、遠方を見る条件にすぐにはならないため視力障害が起きるのです。

人によって程度の差はありますが、老眼は六〇歳ぐらいまで進行し、調節力はゼロヘと近づき、もはや老眼鏡の幼けなくしては文字は読めなくなります。

眼球でいちばん大きな面積を占める硝子体も老化するし、水晶体は徐々に白く濁りはじめます。当然、光は網膜に屈きにくくなります。これが眼がかすんでしまう白内障です。

老眼なのにタカをくくっていたり、老眼鏡を検査もせずに適当に選んでしまうと、眼精疲労やドライアイ、そして視力低下の好餌となってしまいます。老眼だと感じたら眼科医に確認してもらい早めに老眼鏡をかけるようにしてください。

視力低下と眼精疲労の方の事例

  • Posted on 2月 23, 2011 at 21:25

「眼の奥が痛い。重い。首すじがこっている。肩こり、涙眼になる。視力が落ちた」(39歳女性・会社員)と回答したこの患者さんは「理由」として、「コンピューターの使いすぎ」と「メガネ、あるいはコンタクトレンズを長時間つけているから」の二つをあげています。

「眼球の裏からこめかみにかけての痛み」(54歳男性・地方公務員)
この方は、「コンピューター」と「テレビの見すぎ」を理由にあげています。

「長時間仕事をし、一日当たり三〇〇キロほど車を運転するので眼がとくに疲れ、最近は夜間の視力が特に気になる」(29歳男性・会社員)
仕事で車を運転するため眼の疲れがひどいという男性患者は少なくありません。そうした方の三人に一人は眼科の来院理由に「夜、信号機や標識が見えにくくなった」と記入しています。

体のあらゆる部位・器官は年齢とともに衰えます。眼もその例外ではないのです。これを避けて通ることは淮にもできません。

特に40歳を過ぎると老眼は顕著に現れます。そして、モノがはっきり見える距離は年とともに遠のいていきます。

よく「オレは近眼だから老眼にならない」という人がいます。そんなことはありません。老眼に例外はないのです。近視の人は屈折異常のためもともと近くのモノが見えるので、老眼の進行に気づかないでいるだけなのです。

近視の人が近くを見るときにメガネをはずすようになれば老眼は相当進んでいるといえます。